イギリスの仕事探しに役立った&参考にしたYoutube動画とブログ記事

イギリスで就職活動中、先人の日本人がインターネットの海に流してくれた情報は本当に役立ちました。

海外で就職・転職活動、今でもやはり情報としては少ないし本当に自分との戦いになってくるのですが、その中で大丈夫かなあーと不安になった時は、もうすでにそのプロセスを経験した方々の意見や体験談は励みになります。

転職・就職プロセスはしんどいことも多いのですが、もし落ちても、受かった会社が合わなくてすぐ辞めたとしても、そのプロセスを経たこと自体が自分を成長させてくれると感じました。

Failed!! My first English Interview went wrong…(YKK-海外のリアルを学べるチャンネル)

実際にイギリスの企業との英語面接を撮影編集しアップされているのですが、コメント欄も含めてめちゃくちゃ参考になりました。でも正直、このレベルの受け答えで落ちるのか…!とビックリもしました…。

タイトルに「恥ずかしいですが」とありますが、堂々としたアティチュードや返答内容など本当に立派だと思います。またこういう動画は中々ないので、海外就職を目指す人たちによって大きな支えになりますね。

絶対おすすめな英語面接対策3つ!英語学習にも!(YKK-海外のリアルを学べるチャンネル)

上記の動画で流暢に、しっかりと受け答えされていたので「私にはこの受け答えは無理だなあ…」としょんぼりしていたのですが、オンライン英会話での対策を実際に見ることができ「おお、YKKさんも最初は「えー…あー…うーん…(沈黙)」となったりしてたのかー!」と勇気づけられました。

また同時に、面接はどれだけ下準備が大切かがわかる動画でもあります。

沈黙したり答えが出ない状態からあれだけスラスラ答えられるようになるには、やはり対策+練習が必要なのだなあ…逆を返せば対策と練習で改善できる部分があるんだ、と前向きになれました。

【海外就職】英語で面接。必ず聞かれる5つの質問と答え方のアドバイス。(Say hi Natsu ヨーロッパ旅するノマド)

ドイツ在住のYoutuberの方の就職活動に関する動画。

海外就職定番の質問と、それに対するアドバイスをお話しされてて、実際の回答例やどのように答えると良いかなど知ることができます。

また表情が非常に豊かな方で話し方もハキハキしているので、こういう雰囲気で話せたら良いという参考にもなりました。

英語面接で盛大にやらかした話。(Haru English)

これは「気持ちわかるなあ」っていう動画。

英語の面接でテンパって「なんでそんなことを聞くの?」という事を言ってしまった、という体験談です。英語をしっかり学び、流暢に話せてもこういうこともあるのか…と、本当に面接はその時の流れや冷静さにもよるなと感じました。

FINAL INTERVIEW TIPS! (How to PASS a Final Job Interview!)(CareerVidz)

最終面接に関するヒント動画。私が受けた社長面接はかなり予想外な内容だったので、直接的に役立ったわけではないのですが、言い回しや雰囲気などは参考になりました。

最終&役員面接で落ちない!受かる人がみんなやってる対策3つ【使える逆質問も紹介】(ウズウズカレッジ l デジタル(IT・DX)分野のリスキリング就職)

一次面接と最終面接を比較してどのような違うがあるか、どのような部分を見ているか、という点がとても参考になりました。

イギリスの仕事探し、参考にしたブログ記事 ※順不同、括弧内はブログ名

海外就職に関するブログ記事は、国を問わずありがたいですね〜。

今バリバリその国で働いてる人たちも、CV作成や面接でワーワー言ってた過去の上に、今のキャリアが成り立っているのだなあ…ネットを彷徨っていると、表面的なキラキラした部分を目にすることが多いですが、その裏には努力や戦略、孤独を乗り越えたというのがわかり、自分の就職活動の活力になります。

あと職種によって採用プロセス(飲食系はトライアルがあったり、技術系も様々な内容の試験があったり)もそれぞれなのが面白い、他の人の人生を覗けるブログ文化は良い…。

海外就職の経験談は、誰かの役にたつ

「喉元過ぎれば…」とはよく言ったもので、私も8月中ヒイヒイ言いながら就活プロセスをこなして、上記動画やブログを読み漁っていたのですが、入社して2週間ちょっと経ち「色々あったけど、入社出来てよかったなあ」という言葉でほぼほぼ忘れそうになっております…。

でもこういう海外就職活動の体験談というのは、必要としている人にとって本当に貴重な情報だということが身に沁みてわかりました…。海外で頑張ってる日本人の存在はやっぱり刺激になりますね、コロナも落ち着いてきたのでまた海外就職などの記事が増えてきたら良いなあ。