【10月24日】コロナ禍のなかイギリス永住権ゲットの道(INDEFINITE LEAVE TO REMAIN)

この記事はコロナ禍のなかでイギリスの永住権を取得するまでの記録です。データは2020年4月〜ものです。随時更新中。最新データは英国政府のウェブページを参照ください。

最悪のタイミングで「INDEFINITE LEAVE TO REMAIN(永住権、ILR)」の申請の時がやってきました。コロナによって必要な試験がキャンセルになったり施設がしまっていますが、泣いても笑ってもビザがないと不法滞在になるので英国政府の指示に従いながら永住権ゲットを目指そうと思います!

途中でこのブログが「オタクの適当な日本暮らし」になったらお察しください…。

【随時更新】ビザ申請の状況(申請目標時期は6月末)

2020年4月22日現在の状況: 試験予約済、UKVCAS閉鎖中

今現在ビザ申請に必要な生体認証を行う「UKVCAS」が閉鎖され新規予約を受け付けておらず、再開の見通しも立っておりません。詰みゲーじゃんよ〜〜ビザくれ〜!!

今のところ5月に「B1 SELT – GESE Grade 5」と6月に「Life in the UK test」は予約済みでキャンセルはされていませんが、今後のコロナウイルスによる影響によるので安心できない状況です。久々にIELTSを受けてみようかと思っていましたが、英国内での試験は全部キャンセルになっています。

予定としては6月のLife in the UKに合格し、オンライン申請を完了させUKVCASへ行こうと思っていたのですが、まさか疫病によって施設閉鎖になるとは考えていませんでした…特別処置の案内ページも特にないので、いよいよダメだとなる前に上記ページに掲載されているヘルプデスクへ電話かメールをしてみようと思います。

2020年5月9日現在の状況: B1 SELT – GESE Grade 5試験準備

10分間の英語力証明テストは5分間自分で選んだテーマについて、あとの5分間は試験管から出されるテーマについて話すようなので、「自分で選ぶテーマについて」の準備をします。

試験に申し込むと試験日の時間や流れ、持ち物についての注意が書かれたメールが届きます。そのメールに「GESE Grade 5 Topic Form.pdf」をダウンロードし印刷、フォームにテーマを書き込み試験日に持参する必要があるようです。

真ん中にメインテーマを記入、そのメインテーマに関連する5つの項目を記入するのですが、テーマは本当になんでもいいようです。関係者じゃない限り政治や医療などの難しい物ではなく自分が答えやすいテーマを選べばOKです。

例えば「仕事」をメインテーマとし「なぜその職種を志したのか」「仕事の楽しさ」だったり、「旅行」なら「今まで行った中で一番好きな国」「次はどこへ行きたいか」などなど…。

このフォームを用意してあとは当日試験会場へ行けばOK!なのですが、会場はキングスクロスなので地下鉄に乗る必要があり…コロナの影響で人は少ないと思いますがその日までに手の消毒ジェルなど買いにいかねばなあ…。それか車で行こうか迷っております。

2020年5月12日現在の状況: B1 SELT – GESE Grade 5リスケ中

本日テキストがトリニティ・カレッジからテキストがきまして、政府発表を受けてテストの日程を調整する旨の内容でした。予約した付近の日程でリスケするから!とのことですがどうなるんでしょうか…。とりあえず新しいスケジュール待ちです。

2020年5月18日現在の状況: B1 SELT – GESE Grade 5まだまだリスケ中

試験が5月19日に実施される予定だったのですがそれがリスケとなり、その後全く音沙汰がないため念のため電話してみましたがつながりませんでした(在宅勤務されているようですが、問い合わせが多いのかな?)

試験日のリスケ調節中なら良いのですが、もし試験が実施されていて…となったら困るので、メールを送ってみましたがこちらも今のところ返信なし。これはオタクの日本暮らしにだんだん現実味が出てきました。

2020年6月1日現在の状況: B1 SELT – GESE Grade 5再開目処がたった

トリニティカレッジからメールがきまして、6月8日以降で順次リスケされるとの連絡がありました。

2週間前に連絡がくるそうなのでメールをしっかりチェックしつつ当日必要なトピックペーパーや身分証明書の準備をしつつ連絡を待とうと思います。

実はリスケに関してのメールを送って返信が来たのですが、それには7月下旬以降で希望の日を受け付けるとあったので「ビザ間に合わないー!」となっていたのですが、うまく6月中もしくは7月上旬に受験できることを祈るばかりです。

しかしこの流れで行けばLife in the UKはキャンセルにならずに済むかもしれません、6月中に全部片付けるのが理想なので頑張ります!

2020年6月13日現在の状況: B1 SELT – GESE Grade 5リスケされたけど…

トリニティカレッジからメールがきまして、新しい試験日とコロナに関する注意が書かれていました。

このままいけばLife in the UKも英語試験も6月中に終わらせて、ビザに必要な試験は全部クリアだ!と思ったのですが…

なんと新しい日付がLife in the UKとモロ被りしました…早速メールで改めてリスケとビザ申請の日にちを考えて出来たら6月中にと懇願しております。なんというタイミングの悪さ!でも嘆いても、これはもう全てコロナのせいなので誰の責任でもないです…。

Life in the UKは、ロックダウン前にオフィスにテキストブックを置き忘れてきたのでアプリで勉強していますが、ゲーム感覚でこれはハマる!!SSRでエリザベス女王とか出てこないかな〜と妄想しながら勉強しています。

UKVCASもリオープンを発表し、なんとか申請できるかな?という空気になってきました。ちょっと前進したものの、まだまだ前途多難なビザ申請です。

2020年6月25日現在の状況: LIFE IN THE UKを受験

詳しくはこちら

英国常識テスト LIFE IN THE UK を受験

英国常識テスト LIFE IN THE UK を受験した話【2020年6月】

2020年6月30日現在の状況: B1 SELT – GESE Grade 5リスケ完了

コロナの影響でのリスケによりLINE in the UKの試験日・試験時刻と丸かぶりになった英語力試験ですが、トリニティカレッジに「その日は試験を受けられない、もう一度リスケして欲しい」と毎日メールしたのですが返信なし。電話もしたものの全然つながらず「150ポンドまた払わなきゃいけないのかなあ」と思っておりました…

ツイッターで検索してみると同じような状況な人がトリニティカレッジのアカウントに問い合わせしているものの、リプされておらず人手が足りず完全に無秩序になっている状況でした。

LINE in the UKの方は3日前まではリスケを無料でやってくれるので、そっちをリスケしようかと思いましたがメールを送っている以上前日になって「リスケしました!」とくる可能もあるので八方塞がりに…。

そして試験日をすぎた翌日、トリニティカレッジから「あなたは試験に来ませんでした」という旨と「これが新しい試験日です」というメールが別々に来ました。なので追加料金や予約し直しせずに試験を受けることができそうです。

そして何通も送っていたメールスレッドにも「連絡が遅くなってすみません、新しい日付をお送りしましたのでよろしく」と返信が来ており…一言「リスケし直します」という連絡があればハラハラせずに済んだのに!とも思いますが、ここはイギリスで今は非常事態ということでイライラは忘れることにします。はーよかった。

コロナ対策で試験会場までいくものの、試験自体はリモートで行うそうです。

2020年7月12日現在の状況: B1 SELT – GESE Grade 5受験しました

詳しくはこちら

Trinity Collage英語力試験

Trinity Collage英語力試験(GESE Grade 5)を受験した話【2020年7月】

2020年7月27日現在の状況: ビザを仮延長、オンライン申請完了

念のため救済案に則ってビザを7月31日まで仮延長、その後オンラインフォームからフォーム送信と振り込みをしました。

また別記事で詳しく書きますが、このあとUKVCASへ赴いて最終手続きするはずなのですが、その部分がキャパオーバーしている状態なのでとりあえず次の指示を待っている状態です。

オンラインフォームを完了させたので「手続き中」というステータスなのでイギリスにいることは特に問題はないのですが、早くこのゴタゴタから抜け出したいですね…。

2020年10月24日現在の状況: UKVCASアポイントメント取れました

イギリスで永住権を取得するまでの道

詳しくはこちら

イギリスで永住権を取得するまでの道

【ビザ申請半完了】UKVCAS(ビザセンター)の予約、やっと取れました